結婚式エンドロールの発注ランキング

HOME > 結婚式のエンドロールについて > 結婚式ではエンドロールなどの映像を流すのが定番

結婚式ではエンドロールなどの映像を流すのが定番

 結婚式では、映像演出が取り入れられることが定番になりました。この演出がないと物足りないと言う人も少なくありません。今では、映像も簡単に作れるようになっています。全てはインターネットが発達したおかげです。簡単に扱えるうえに、無料で利用できる映像編集ソフトもたくさんあります。これにより、映像制作にお金をかけなくてもよくなりました。
 ちなみに、結婚式ではどのような映像演出が人気なのでしょうか。オープニングとエンドロールは欠かせません。とくに、当日の挙式や披露宴の様子を撮影して同時編集し、エンドロールと組み合わせて流すのが主流になっています。招待客の姿も映るのでサプライズ感がアップします。また、プロフィール映像を流すのも当たり前のようになりました。プロフィール映像は、新郎新婦のことを知ってもらうのに役立ちます。


 結婚式のエンドロールで感動させるポイント

 結婚式と言えば、色々と演出をかんがえたりするものですが、中でもムービーを上映する人はとても多くなってます。ムービーと一言で言っても色々と種類はあり、最後に泣かせてくれるエンドロールで感動させるアイデアとしては、後半には新婦手紙にエンドロールと結婚式の中でも感動する部分です。つまり、手紙の後のエンドロールはとっても重要となってます。その日一日を通して見たものだからこそ、二人が一生懸命用意している姿は、ゲストにとっても胸がいっぱいになります。
 結婚式でのことは記念として、しっかりと写真には残しておきたいですね。ゲストそれぞれに対して、メッセージを入れるというものは、ゲストからすると自分宛のメッセージはやっぱり嬉しいですね。時間が長くなり過ぎなければ、グループ別でも個人別でも大丈夫です。新郎新婦の写真が逆年代順になっているということです。通常プロフィールでは新郎新婦が赤ちゃんから大きくなっていく写真を順番に流すのですが、その逆に流す方法です。最後に家族の名前を流すので、ちょうどその順番とリンクしていて、とても感動することになります。


 結婚式のエンドロールの制作に関して

 結婚式は、新郎新婦や親族にとって一大イベントです。プログラムはたくさん詰まっており、準備はやることがいっぱいです。中には、新郎新婦が自分たちらしさを出そうとオリジナルのものを作ることもあります。プロに依頼するとお金もかかるので節約にもなります。
 新郎新婦の手作りで多いのは、ペーパー類です。招待状や席次表、席札、メニュー表の作成です。市販の用紙を購入し、自分たちでデザイン、印刷をします。席札の裏面には、個別にメッセージも書けるので、取り入れる人が多いです。次に多いのが動画です。新郎新婦のプロフィール動画やエンドロールです。自分たちの写真や動画を集めて編集します。曲も選択できます。エンドロールでは、参列者へ感謝も込めて、参列者の名簿を綴るのが一般的です。近年は、エンドロールは、業者に依頼し、結婚式当日の様子を振り返るように、当日編集したものも人気です。

次の記事へ

カテゴリー